美しい白い歯は多くの人が求める理想ですが、日常生活での食事や生活習慣により、歯の白さを保つことは容易ではありません。そのため、歯科クリニックで提供されるホワイトニング治療への関心が高まっています。歯を白くする方法は、主にプロフェッショナルホワイトニングとホームホワイトニングの二つに分けられ、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

プロフェッショナルホワイトニングは歯科医師の管理のもとで行われ、短時間で明らかな効果を得られることが多いですが、ホームホワイトニングは自宅でゆっくりと歯の色を改善できる点が魅力です。しかし、どちらの方法も適切な回数と期間を理解し、正しく実施することが重要です。このため、ホワイトニングを考慮する際には、自分の生活スタイルや歯の状態、期待する結果を考慮して選択する必要があります。

このような背景から、ホワイトニングを安全かつ効果的に行うためには、虫歯の治療と予防が不可欠です。歯科医師との適切な相談を通じて、自分の歯の状態を正確に理解し、ホワイトニングの計画を立てることが重要です。この記事を通じて、虫歯とホワイトニングの関係性を理解し、健康で美しい白い歯を目指すための知識とガイダンスを提供します。

ホワイトニングやインビザラインならさいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO

さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPOROは、ホワイトニングとマウスピース矯正(インビザライン)を中心にセラミック治療などの専門的な歯科診療を提供しています。医療機関専門のホワイトニング「ホワイトエッセンス」と豊富な症例実績を持つインビザライン治療で美しい笑顔をサポートします。
皆様のお悩みに耳を傾け、理想の笑顔を実現するための治療を心がけています。

さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO

医院名:さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO
住所:北海道札幌市中央区南2条西3丁目20番地 moyuk SAPPORO 2F
電話:011-206-8440Web予約

はじめに

ホワイトニングの基本概念、なぜ多くの人が美しい白い歯を求めるのか

ホワイトニングは、歯の表面や内部の色を明るくする治療法であり、多くの人々が望む美しい白い歯を実現するための一つの手段です。この治療は、歯の表面に付着した着色汚れや、歯自体の変色を改善することを目的としています。特に、コーヒー、紅茶、タバコなどの摂取によって歯が黄ばむことは一般的で、これらの外部要因による変色を除去する効果が期待できます。また、加齢によって歯が自然に黄ばむ現象にも対応可能です。

現代社会において、美しい白い歯は健康と清潔感の象徴として捉えられることが多く、第一印象を左右する重要な要素となっています。笑顔が明るく清潔感があることは、社会生活や職場でのコミュニケーションにおいても好印象を与えるため、個人の自信を向上させる効果があります。そのため、多くの人々がホワイトニングを求める理由は、単に美しさを追求するだけでなく、社会的な成功や個人的な満足感を得るためと言えます。

ホワイトニング方法には主に二種類あります。一つは歯科医院で行うオフィスホワイトニングで、専門の機器を用いて短時間で歯を白くする方法です。もう一つは、ホームホワイトニングと呼ばれる自宅で行える方法で、専用のマウスピースと薬剤を使用して、数週間にわたり自分のペースで歯を白くしていく手法です。これらの方法は、それぞれ利点と制限があり、使用する薬剤の種類や濃度、治療の頻度などが異なりますが、どちらも効果的な結果を提供することができます。

このようなホワイトニング治療は、単に美容的な側面だけでなく、歯の健康を維持する上でも重要な役割を果たします。歯が白くなることで、自然と歯を清潔に保つ意識が高まり、日々のブラッシングやフロッシングが徹底されることが期待できます。また、定期的な歯科診療と併せて行うことで、虫歯や歯周病などの予防にも繋がり、全体的な口内環境の改善に寄与します。

したがって、ホワイトニングは単なる美容治療を超え、健康な生活を送るための一助として、また社会生活における自信を高めるための重要な手段となっています。それぞれのライフスタイルやニーズに合わせたホワイトニング選択が、より良い生活の質へと導いてくれるでしょう。

見た目の美しさだけでなく、健康的な側面からのホワイトニングの重要性

ホワイトニングが美容目的で行われることが多いのは周知の事実ですが、その健康面での利点も見逃せません。歯の白さを増すことは、見た目の美しさを向上させるだけでなく、口内環境を改善し、全体的な健康維持にも寄与するからです。美しい笑顔は自信につながりますが、それ以上に、健康な歯は生活の質を高める重要な要素となります。

歯が白くなるということは、表面の汚れや着色が取り除かれている状態を意味します。これは日々のブラッシングや定期的な歯科訪問によるクリーニングの徹底を促進し、結果として虫歯や歯周病のリスクを低減します。実際、歯のホワイトニングを行うことで、歯磨きやフロスの使用が習慣化される傾向にあります。清潔な歯はプラークや細菌の蓄積を防ぎ、口内環境を健康に保つための第一歩です。

さらに、ホワイトニングは歯の健康状態を可視化します。歯科医師によるホワイトニング処置中には、歯の健康診断も同時に行われることが多く、隠れた虫歯や歯周病が発見されることもあります。このようにホワイトニングは診断の一環としても機能するため、単なる美容治療を超えた価値があるのです。

また、ホワイトニングによって歯がきれいになると、その効果を長持ちさせたいという動機付けが働きます。健康的な食生活に気を配るようになり、歯に悪影響を与える食べ物や飲み物を控えるようになることも一つの効果です。例えば、コーヒーや赤ワイン、タバコなどの消費を減らすことは、歯の白さを保つだけでなく、全体的な健康にも良い影響を及ぼします。

このようにホワイトニングは、美しい笑顔を手に入れるための手段であると同時に、歯と全身の健康を促進する効果的な方法です。歯の美しさを追求することが、より健康的な生活習慣へと導く一助となり得るのです。ホワイトニングを通じて得られる美しい歯は、自己管理の意識を高め、健康への配慮を深めるきっかけにもなるため、見た目だけでなく健康の維持にも重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

ホワイトニングの種類と基本情報

クリニックで行われるプロフェッショナルホワイトニングとホームホワイトニングの違い

ホワイトニング治療は多くの人々が興味を持つ美容歯科の一環であり、主にクリニックで行われるプロフェッショナルホワイトニングと自宅で行えるホームホワイトニングの二つの方法があります。これらはそれぞれ特徴が異なり、使用される薬剤の種類や濃度、施術の方法、時間、コスト、効果の持続性など多くの面で違いが見られます。

プロフェッショナルホワイトニングは、歯科医院で行われる治療で、医師が直接監督する下で専用の高濃度漂白剤を使用します。この方法の最大の利点は、短時間で明らかな結果が得られることです。通常、1回の治療で数トーン歯を白くすることが可能であり、治療後の即効性が求められる場合に特に適しています。しかし、高濃度の薬剤を使用するため、時に敏感な歯や歯茎に不快感を与えることがあります。これを軽減するため、多くの歯科医院では専用のケアを施し、患者の快適性を高める工夫を行っています。

一方、ホームホワイトニングは、歯科医院から提供されるカスタムメイドのマウスピースと低濃度の漂白剤を使用し、患者自身が自宅で行う治療法です。この方法の利点は、自分のペースでゆっくりと治療を進められることと、全体的なコストがプロフェッショナルホワイトニングに比べて低く抑えられる点です。しかし、効果が現れるまでに時間がかかるため、継続して治療を行うことが重要です。また、正しい使用方法を守らないと十分な効果が得られないこともありますので、使用前には必ず歯科医の指導を受けることが推奨されます。

両方法に共通して言えるのは、ホワイトニングの効果を持続させるためには、治療後のケアが非常に重要であるということです。定期的な歯科訪問によるチェック、日々の口内ケアの徹底、食生活の見直し等が必要となります。また、どちらのホワイトニングを選択するかは、個人のライフスタイルや目的、歯の状態によって左右されます。

ホワイトニングを考慮する際には、その方法の違いを理解し、自分にとって最適な選択をすることが重要です。歯科医師との相談を通じて、最も効果的で安全な方法を選び、美しく健康的な笑顔を手に入れることができるでしょう。

ホワイトニング方法、それぞれのメリットとデメリット

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは、それぞれ独自のメリットとデメリットを持ち、選択する際にはこれらを理解した上で自分のニーズに合った方法を選ぶことが重要です。

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うプロフェッショナルな治療で、高濃度の漂白剤を使用して短時間で歯を明るくすることが可能です。この方法の最大の利点は、即効性があり、治療時間が短いため、忙しい人でも容易に利用できる点です。また、治療は歯科医師の直接的な監督下で行われるため、安全性が高く、不測のトラブルが起こった際にもすぐに対応を受けられる利点があります。ただし、その効果は強力ですが、時に敏感な歯や歯茎に対しては不快感を与えることがあるというデメリットもあります。また、一般的にコストが高めであることも、多くの人にとっては大きな考慮点です。

一方、ホームホワイトニングは自宅で行える治療法で、歯科医院から提供されるカスタムメイドのマウスピースと低濃度の漂白剤を使用します。この方法のメリットは、自分のペースで治療を進められる柔軟性があり、長期間にわたってゆっくりと歯を白くできる点です。コストもオフィスホワイトニングに比べて低く抑えられることが多いため、経済的な負担が少ないです。しかし、効果が表れるまで時間がかかるため、即効性を求める場合には不向きかもしれません。また、治療の適切な進行を自己管理する必要があるため、方法を誤ると十分な効果が得られないリスクも含んでいます。

両者の選択に当たっては、自分のライフスタイル、予算、期待する結果の速度を考慮することが重要です。オフィスホワイトニングは即効性と安全性を重視する方に、ホームホワイトニングはコストパフォーマンスと柔軟性を重視する方に適しています。どちらの方法も歯の健康と美しさを保つための有効な手段であるため、個々のニーズに最適な選択をすることが望まれます。

ホワイトニングの適切な回数と期間

効果的なホワイトニングの回数とその理由

ホワイトニングの効果を最大限に引き出すためには、治療の回数が重要な要素となります。適切な回数のホワイトニングは、歯の色を理想的に改善し、その効果を持続させるための鍵となります。

一般的に、プロフェッショナルホワイトニングでは、最初に数回の治療を行うことが推奨されます。これは、歯の色素沈着の度合いによって異なりますが、通常は2〜4回のセッションを基本としています。初回の治療で顕著な変化を遂げることが多いものの、歯の持っている自然な色や、元々の着色の深さによっては、さらに数回の治療が必要となることがあります。

この治療回数が必要とされる理由は、歯の構造にあります。歯のエナメル質は透明であり、その下にある象牙質の色が歯の色として主に認識されます。ホワイトニング剤は、これらの歯の層に浸透し、色素を分解することで白さを向上させます。一回の治療では限界があるため、数回に分けて施すことで、より均一で自然な白さを得ることができます。

また、ホームホワイトニングの場合、通常、数週間にわたって毎日または数日ごとに治療を行います。この積み重ねが徐々に色調を改善し、持続的な白さをもたらします。ホームホワイトニングは低濃度の薬剤を使用するため、一度に大きな変化は見込めませんが、長期間にわたる使用で確実に白さを増していくことができます。

どのホワイトニング方法を選択するにしても、治療の効果を維持するためには定期的なケアが必要です。治療後の歯の白さを保持するためには、食生活の見直しや、喫煙などの習慣を改めることも重要です。また、定期的な歯科訪問によるプロフェッショナルクリーニングも、ホワイトニングの効果を長持ちさせるためには欠かせません。

ホワイトニング治療の適切な回数を理解し、その上で個々のニーズに合わせた計画を立てることが、理想的な笑顔を得るための鍵となるでしょう。

何回の治療が一般的であり、なぜその回数が推奨されるのか

ホワイトニング治療の適切な回数については、使用される方法と個人の歯の状態に大きく依存しますが、一般的には数回のセッションが推奨されることが多いです。これには、複数の理由があり、それぞれ科学的な根拠と臨床経験に基づいています。

まず、歯のホワイトニングでは、エナメル質と呼ばれる歯の最外層の下にある象牙質の色を明るくすることが目的です。象牙質に含まれる色素を分解するためには、一定濃度の漂白剤を使用し、それを適切な時間、歯に接触させる必要があります。しかし、一度の治療だけでは、歯の内部に深く染み込んだ色素を完全に分解することは難しいため、数回にわたって治療を行うことが推奨されます。

通常、オフィスホワイトニングでは、初回の治療で顕著な効果が見られることもありますが、2回から4回のセッションを行うことで、より均一で長持ちする白さを実現することができます。各セッション間には、歯の反応を観察し、必要に応じて調整を行う期間を設けることが一般的です。これにより、歯や歯茎への負担を最小限に抑えつつ、最適なホワイトニング効果を得ることが可能です。

ホームホワイトニングの場合、治療回数はさらに多くなることがあります。これは使用する漂白剤の濃度が比較的低いため、穏やかながらも継続的な効果を得るためには、長期間にわたる継続的な使用が必要となるからです。一般的には、毎日または隔日で数週間にわたって治療を行うことが推奨され、この間に徐々に歯の白さが改善されます。

このように、ホワイトニングの回数は、目指す結果の質と持続性に直結しています。回数を重ねることで歯の白さは徐々に向上し、またその効果も長持ちするため、治療計画は個々の歯の状態や目的に応じて、歯科医師と相談しながら決定されるべきです。適切な治療回数の設定は、安全かつ効果的なホワイトニングを実現するための鍵となります。

ホワイトニングの効果を長持ちさせるための期間と維持方法

ホワイトニングの効果を長持ちさせるためには、治療後のケアが非常に重要です。歯のホワイトニング効果の持続期間は個人差が大きいため、一般的な期間を定めるのは難しいですが、適切なケアを行うことで数ヶ月から数年間効果が持続することが期待できます。

まず、ホワイトニング後の歯の色の維持には、日々の口内ケアが基本となります。毎日のブラッシングはもちろん、フロスを使用して歯間の清掃を怠らないことが推奨されます。これにより、食べ物の残りかすやプラークが歯の表面に蓄積するのを防ぎ、着色の原因となる物質の除去を助けます。特に、ホワイトニング直後は歯が色素に敏感になっているため、色の濃い飲食物を避けることも効果的です。コーヒー、紅茶、赤ワイン、ベリー類などの摂取を控えることが望ましいとされています。

また、喫煙は歯の黄ばみを引き起こす主要な要因の一つですので、ホワイトニングの効果を維持するためには禁煙が非常に効果的です。タバコのタール成分は歯の表面に強く付着し、除去が困難な着色を引き起こすため、喫煙習慣がある方はホワイトニング後に禁煙を考えることが推奨されます。

さらに、定期的な歯科訪問もホワイトニング効果の維持に寄与します。プロフェッショナルなクリーニングによって、日常のケアでは除去しきれない汚れやタルトを取り除くことができます。また、必要に応じてホワイトニングのトッチアップ治療を行うことで、より長期間にわたって白い歯を維持することが可能です。

ホワイトニング後の歯の状態を最適に保つためには、これらのケア方法を生活習慣に取り入れ、定期的に実践することが重要です。個々の生活環境や習慣に合わせて、歯科医師と相談しながら最適なケアプランを立てることが、美しい笑顔を長く保つ秘訣となります。

注意すべき点と通院頻度

ホワイトニングを安全に行うための注意点

ホワイトニングを安全に行うためには、適切な準備と注意が必要です。歯のホワイトニングは美容的な側面だけでなく、口内の健康にも影響を及ぼすため、慎重に取り組むことが求められます。

最も重要な点は、ホワイトニング治療を始める前に歯科医師の診断を受けることです。歯科医師による詳細な口内検査を行い、虫歯や歯周病などの既存の問題がないかを確認することが不可欠です。既存の歯科疾患がある場合、それらを先に治療することが必要となります。ホワイトニング剤が患部に触れることで痛みや炎症を引き起こす可能性があるため、健康な歯にのみホワイトニングを適用することが重要です。

また、ホワイトニングの方法と製品選びにも注意が必要です。市販のホワイトニングキットや歯科医院で使用されるプロフェッショナルな製品も多様で、それぞれに含まれる漂白剤の種類や濃度が異なります。自己判断で製品を選ぶのではなく、歯科医師の推奨する方法と製品を選ぶべきです。特に敏感な歯を持つ人や、過去に歯科治療を受けた経験がある人は、低濃度の漂白剤を選ぶことが望ましいかもしれません。

ホワイトニング中及び治療後のケアも非常に重要です。治療中は指示された通りの時間、ホワイトニング剤を適用し、過剰に使用しないように注意が必要です。治療後は、少なくとも48時間は色素が濃い食べ物や飲み物を避けることが推奨されます。これにはコーヒー、紅茶、赤ワイン、ベリー類などが含まれます。これらの飲食物は染色の原因となり、ホワイトニングの効果を減少させる可能性があります。

さらに、ホワイトニング後は歯が敏感になることがあります。このため、歯科医師が推奨する歯磨き粉やうがい薬を使用し、歯の敏感さを軽減するための対策を取ることが大切です。定期的に歯科医院を訪れ、口内の健康状態をチェックし、必要に応じてさらなるアドバイスを受けることもホワイトニングの効果を安全に維持する上で効果的です。

このように、ホワイトニングを安全に行うためには、専門家の指導のもとで適切な製品選びと正しい使用方法を守ることが必要です。また、治療前後の口内ケアにも十分な注意を払うことが重要であり、これによって美しく健康的な白い歯を長期にわたって維持することができます。

通院回数とその間に自宅でできるケアについて

ホワイトニング治療を受けている際には、通院頻度と自宅でのケアが重要な役割を果たします。これらのバランスを適切に取ることで、治療の効果を最大化し、その効果を長持ちさせることができます。

通院頻度については、ホワイトニングの種類によって異なりますが、プロフェッショナルホワイトニングを選択した場合、初期の段階では数週間に一度の頻度で訪れることが一般的です。この時期には、歯科医師が歯の変化を観察し、必要に応じて治療の調整を行います。ホワイトニングの効果を確認しながら、次のステップへと進むための重要なプロセスです。また、ホームホワイトニングを行う場合でも、定期的に歯科医院を訪れることで、適切な指導を受けることができ、自宅での治療の効果を最大限に引き出すことが可能です。

自宅でのケアは、ホワイトニング治療の成功に不可欠です。特にホームホワイトニングを行っている場合、歯科医の指導に従って正確に治療を実施することが求められます。治療用のマウスピースを使用する場合、指示された時間だけ装着し、使用後は必ずマウスピースを清潔に保つ必要があります。また、ホワイトニング後の24時間は色素の濃い食べ物や飲み物を避けることが推奨されます。これにより、再着色を防ぎ、ホワイトニング効果を長持ちさせることができます。

日々の口内ケアも忘れてはなりません。ホワイトニング治療中は歯が敏感になりがちですから、低摩擦の歯ブラシを使用し、優しく丁寧にブラッシングすることが重要です。歯科医から推奨される特定の歯磨き粉を使用することで、歯を守りながら清潔に保つことができます。また、定期的にフロスや歯間ブラシを使用して、歯と歯茎の健康を保ちます。

これらの通院と自宅でのケアを適切に行うことで、ホワイトニングの効果は大きく向上し、その美しい白さをより長く保つことが可能になります。歯科医と密に連携し、彼らの指導に従うことが、安全で効果的なホワイトニング治療を成功させる鍵です。

食事と生活習慣がホワイトニングに及ぼす影響

食事や生活習慣が歯の色にどのように影響するか

食事や生活習慣が歯の色に与える影響は非常に大きく、これらの要素が歯の健康だけでなく、美しさにも直接的に関連しています。日常生活での飲食物の選択や習慣が、歯の色の変化を引き起こす主要な原因となり得るため、これらに注意を払うことが重要です。

特定の食べ物や飲み物には、歯に色素を残す性質があります。例えば、コーヒー、紅茶、赤ワインといった飲料は、その色素が歯のエナメル質に染み込みやすく、使い続けることで歯が徐々に着色していく原因となります。同様に、カレーやソイソース、ベリー類などの色の濃い食品も歯の表面に色を残しやすいです。これらの飲食物を摂取した後は、できるだけ早く口をすすぐか、歯を磨くことで、着色のリスクを軽減できます。

また、喫煙は歯の黄ばみを引き起こす最も一般的な習慣の一つです。タバコの煙に含まれるタールやニコチンは、非常に強力な着色剤であり、歯のエナメル質に深く染み込みます。定期的な喫煙は歯を黄ばませるだけでなく、歯周病のリスクも高めるため、歯の美しさを保つためには禁煙が非常に効果的です。

口内の乾燥も歯の色に影響を与えることがあります。唾液は口内を自然に浄化する作用があり、食べ物の残りかすや細菌の成長を抑える役割を果たしています。唾液の分泌が不十分な場合、これらの有害物質が蓄積しやすくなり、歯の着色や虫歯の原因となることがあります。したがって、水分を十分に取ることや、唾液の分泌を促すマッサージやストレッチも、歯の健康を保つ上で有効な方法です。

歯の色を保つためには、これらの食事や生活習慣に配慮することが不可欠です。日々の選択が、歯の健康と美しさを長期にわたって保つ鍵となるため、意識的な努力をすることが推奨されます。定期的な歯科訪問と併せてこれらの対策を行うことで、歯の美白効果をより長く維持することが可能となります。

ホワイトニング後に避けるべき食べ物や飲み物、喫煙の影響

ホワイトニング後には、特定の食べ物や飲み物を避けることが非常に重要です。これは、治療直後の歯が最も染色しやすい状態にあるため、色素の強い飲食物による再着色を防ぐためです。また、喫煙の影響も無視できません。喫煙はホワイトニングの効果を大幅に減少させる可能性があります。

ホワイトニング治療後、特に最初の48時間は歯が漂白剤によって微妙に脆くなっている可能性があります。この時期に色素が強い食品や飲料を摂取すると、歯のエナメル質に色素が再び染み込むリスクが高まります。具体的に避けるべき食べ物には、コーヒー、紅茶、赤ワイン、コーラなどの色の濃い飲み物が含まれます。また、カレーやトマトソース、ベリー類などの色の濃い食べ物も同様に避けた方が良いでしょう。これらの食品は強力な着色効果を持ち、簡単に歯に色を付けることができるため、ホワイトニングの効果を損なう原因となります。

喫煙は、ホワイトニング後に特に避けるべき習慣の一つです。タバコの煙に含まれるタールとニコチンは強力な着色剤であり、ホワイトニングで得られた白い歯を迅速に黄ばませることが知られています。喫煙はまた、口内環境を悪化させ、歯周病や口臭のリスクを高めるため、歯の健康だけでなく全体的な口内健康にも悪影響を及ぼします。

ホワイトニング後の歯を保護するためには、これらの食べ物や飲み物、喫煙を避けることが推奨されますが、完全に避けることが困難な場合は、これらを摂取した後に口をすすぐか、ブラッシングすることで着色のリスクを軽減することが可能です。また、定期的な歯科診察を受けることで、歯の健康を維持し、ホワイトニングの効果を長持ちさせることができます。

まとめ

ホワイトニングを選択する際には、自分の生活習慣や歯の健康状態を考慮して、最適な方法を選ぶことが非常に重要です。オフィスホワイトニングが即効性とプロフェッショナルな管理の下で行われるメリットを提供する一方で、ホームホワイトニングは自宅でゆっくりと継続的に行える利点があります。どちらの方法もそれぞれのニーズに合わせた選択が可能ですが、どちらを選ぶにしても正しい手順を守ることが必要です。

治療を受けた後のケアも同じく重要であり、ホワイトニングの効果を維持するためには、日常の口内ケアが欠かせません。定期的な歯磨きとフロス使用は基本中の基本ですが、色素の濃い食べ物や飲み物の摂取後は速やかに口をすすぐことも大切です。また、喫煙は避けるべきであり、これによりホワイトニングの効果を長持ちさせることができます。

このように、ホワイトニングはただ単に美しく見せるためだけのものではなく、正しい維持の習慣と定期的なケアを通じて、その効果を最大限に活かすことができます。定期的に歯科医師のチェックを受けることで、不測の問題に対処し、口内の健康を保つことも忘れてはなりません。これらの習慣が組み合わさることで、長期的に健康的で美しい白い歯を維持することが可能となります。美しい笑顔は自信を与え、日々のコミュニケーションを豊かにするため、適切なホワイトニング選択と継続的なケアが鍵となります。

このように、正しい知識とケア、そして専門家の指導により、虫歯とホワイトニングのバランスを取り、美しく健康的な白い歯を維持することが可能です。美しい笑顔は、健康な歯から始まります。

ホワイトニングやインビザラインならさいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO

さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPOROは、ホワイトニングとマウスピース矯正(インビザライン)を中心にセラミック治療などの専門的な歯科診療を提供しています。医療機関専門のホワイトニング「ホワイトエッセンス」と豊富な症例実績を持つインビザライン治療で美しい笑顔をサポートします。
皆様のお悩みに耳を傾け、理想の笑顔を実現するための治療を心がけています。

さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO

医院名:さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO
住所:北海道札幌市中央区南2条西3丁目20番地 moyuk SAPPORO 2F
電話:011-206-8440Web予約

よくある質問

Q1: クリニックはどのような治療を専門としていますか?
A1: クリニックはホワイトニング、マウスピース矯正(インビザライン)、セラミック治療を専門としています。

Q2: クリニックの診療時間はどのようになっていますか?
A2: クリニックは土日も診療しており、営業時間は10:00〜19:00(受付終了18:30)です。定休日は祝日と毎週月曜日です。

Q3: クリニックで提供されているホワイトニング治療について教えてください。
A3: クリニックで提供されているホワイトニング治療は「ホワイトエッセンス」という医療機関専門の医療ホワイトニングで、透明感のある白い歯を実現することを目指しています。年間40万人以上のお客様に利用され、137万件(※)以上の症例実績があります。安心して利用できる治療を提供しています。
※ 2022年12月末時点

医院概要

医院名・・・さいわいデンタルクリニックmoyuk SAPPORO

住所・・・〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西3丁目20番地 moyuk SAPPORO 2F

電話番号・・・011-206-8440

Share on

URLをクリップボードにコピー